もう一度おさらい!カテゴリーとタグの違い

1日2時間操作方法で無駄にしていませんか?
パソコンが苦手な起業家のための
集まる集客®テクニカルコーチ
田尻佐和子です。

 

昨日は
カテゴリー設定やタグ設定が大事。

というお話をしました。

 

今日は具体的にどのように決めるかを
書いてみたいと思います。

 

カテゴリー設定やタグ設定で、
読みたい記事が探しやすくなり、
分類できるという利点があります。

 

カテゴリーは、
本でいえば目次のような位置づけです。

カテゴリーを見ただけで、

読んでみたいと
思っていただけるようなものが
理想的ですね。

 

そして検索のキーワードも
意識して取り入れます。

 

キーワードは、
記事タイトルの先頭に使う。
本文先頭に1回。
文中に3回。
結論に1回。

を目安とするといいです。

 

WordPressでは、
1記事に対して
必ず何かのカテゴリーに
属している必要があります。

laptop-593673_640.jpg

 

初期状態だと、
未分類
というカテゴリーが用意されています。

万が一設定し忘れると、
この未分類で設定されてしまいます。

なので、
名前を未分類ではなく、
サイトタイトルなどに
編集で変えておくとよいですね。

 

タグは、
記事の中からキーワードとしていくつか拾い
設定します。

 

カテゴリーと同じキーワードは入れなくてよいです。

また、
記事に出てきていないキーワードを
タグにすることも
ペナルティになる可能性があるので
やめましょう。

 

サイドバーでは、
タグクラウドという
ウィジェットで見せると、

 

そのブログ内で
一番使われているキーワードが
何なのかがわかるように
視覚的に表示したりすることができます。

スクリーンショット 2016-12-22 23.05.51.png

 

カテゴリーとタグの違い
わかりましたでしょうか。

参考になれば嬉しいです。