Speech bubble (ふきだしプラグイン)

 

田尻佐和子
Speech bubble (ふきだしプラグイン)というのがあります。

 

田尻佐和子
吹き出しの種類は9種類あります。drop・std・ fb・ fb-flat・ln・ ln-flat・ pink・ rtail・ thinkがあります。

 

田尻佐和子
drop

 

田尻佐和子
std

 

田尻佐和子
fb

 

田尻佐和子
fb-flat

 

田尻佐和子
ln

 

田尻佐和子
ln-flat

 

田尻佐和子
pink

 

田尻佐和子
rtail

 

田尻佐和子
think

 

Aさん
左表示と右表示が選べます。

 

Bさん
AさんとBさんがデフォルトで入っています!

 

 

Aさん
AさんとBさんがデフォルトで入っています!

 

Bさん
AさんとBさんがデフォルトで入っています!

 

Aさん
AさんとBさんがデフォルトで入っています!

 

Bさん
AさんとBさんがデフォルトで入っています!

 

それでは、実際に実装する方法です。

プラグインのインストールを行いましたら、
ショートコードと呼ばれるコードで記述します。

例えば

 

 [speech_bubble type="think" subtype="L1" icon="tajiri.jpg" name="田尻佐和子"] Speech bubble (ふきだしプラグイン)というのがあります。[/speech_bubble]

 

 このように[]で囲んで記述するものがショートコードです。

ショートコードはビジュアルエディターに記述できます。

 

それぞれのコードの意味は以下になります。 

speech_bubble :このプラグインの開始タグです。

type=” “ :上記に例を記載した、吹き出しの種類9種類を指定します。
drop・std・ fb・ fb-flat・ln・ ln-flat・ pink・ rtail・ think

subtype=” “ :右寄せか左寄せかを指定します。右寄せがR1。左寄せがL1です。
その他 a b c dという指定ができるようです。

icon=” “ :アイコンの画像ファイルの名前をしていします。
初期状態で、1.jpgと2.jpgが用意されていますが、
サーバー側に自分の写真画像をアップロードして利用できます。

WordPress内からはアップロードできないので、サーバーのファイルマネージャーやFTPなどでアップロードする必要があります。

プラグインファイルがインストールされた場所にある、imgの下にアップロードします。
/wp-content/plugins/speech-bubble/img

 

name=” “ :アイコンの下や横に表示させる名前を書きます。

/speech_bubble :このプラグインの終了タグです。

開始タグと終了タグの間に、吹き出し内に表示させたいテキストを記述します。

 

いろいろ試してみてくださいね。