MacやiPhoneならAirDropを使わなきゃもったいない!【脱アナメルマガ】


おはようございます

 

集まる集客®テクニカルコーチ
田尻佐和子です。

 

 

前回、

パソコンが苦手
WEBが苦手
なのではなくて、

単に
知らないだけ!

 

というお話をしました。

 

 

 

 

実際に知ってみたら

時間を無駄にしなくて済んだり
パソコンワークが楽しくなったり

 

します。

 

最近の
そんな場面で出て来たことの1つ

 

AirDrop 
エアードロップ

 

MacやiPhoneに付いている機能で、

 

ファイルやデータの
受け渡しができます。

 

Macだど、
Finderを開くと
AirDropの項目があります。

 

スクリーンショット 2017-11-18 5.23.43.png

 

ここに、
近くにAirDropの機能を
持った人がいると、
表示されます。 

 

使うときは、
このMacを検出可能な相手

のところを
全員
にします。

 

iPhoneの場合は、
下からシュッとすると、
この画面表示されますので、

IMG_9624.PNG

 

 

AirDrop受信しない
と書かれているところをタップすると
受信するになります。

 

ここもすべての人にしておきます。

 

そして、
例えば、このiPhoneからMacへ
画像を送りたい場合

 

iPhoneで撮影した画像を開いて、
左下の共有アイコンをタップすると、

IMG_9626.PNG

 

このような画面が開くので、

 

IMG_9625.PNG

 

送りたい相手が見えていれば、
タップすると、
ファイルが送られます。

 

今、まさに、

この説明をするために、
iPhoneで撮った写真を、
Macに送って、
AgentMAILでメルマガを書く
という事をするときに
よく使います。

 

MacからiPhoneでも同じく、
送りたい画像などを選択した状態で、
共有アイコンをクリックすると
相手が選べます。

スクリーンショット 2017-11-18 5.24.11.png

 

AirDropは
同じネットワーク上にいる人と
使える機能なので、
遠く離れた相手に送ることはできません。

 

使い終わったら、
AirDropを使用しないに、
戻しておく方がよいでしょう。

 

電車の中などで、
公共のwifiが飛んでると
AirDropが送れる人として
表示されてしまいますので。

 

ファイルやデータを
受け渡すのに、
いちいちメールに添付して送ったり
Googleドライブにいれて共有したり
する必要なく、

 

端末同士でやり取りができるのが
AirDropです。

 

知らないって
もったいない!!

 

そう思いませんか?

 

また次回も
そうなんだ!
体感していただきたいと思います。

 

 予告 

もうパソコンの前で
悩まない!迷わない!

1日2時間操作方法で
無駄にしている起業家のための
集まる集客®テクニカルサロン
個別無料相談会

パソコンの操作方法でのお悩みを
スッキリ解決する90分

 

メルマガ読者限定で、
個別にご相談に乗れるお時間を用意します

このメルマガでお知らせしますので
お待ちくださいね。

(↓実はこの電子書籍を
もう1
回ダウンロードすると
先に受け取れちゃいます)

–★————————- 

こんなに教えちゃうんですか?
と驚かれる電子書籍

11/1 会社設立4周年記念
無料電子書籍
パソコンが苦手な起業家のための
テクニカルレッスン
絶対に覚えていただきたいこと
11選

http://web-yougo.com/lessonpdf/?blg