iPhoneの読み上げ機能を賢く使う【脱アナメルマガ】


耳からも情報を仕入れる!

 

こんばんは!
集まる集客®テクニカルコーチ
田尻佐和子です。

 

今日はFacebookで

 

本日車移動が多いので、
購入した書籍を
アプリの読み上げ機能で、
耳から情報仕入れ中

 

と投稿したところ、

読み上げ機能を知りたいという
お声をいただいたので、

 

読み上げ機能について
まとめてみますね。

 

今日はある研究のために、
ダイレクト出版で購入した書籍を、
専用アプリを使って
読み上げ機能を使って聞いていたのですが、

 

IMG_8797.PNG

 

こんな感じで一番下に読み上げの
ボタンがついてます。

 

ダイレクト出版さんは、
専用アプリを無料で配布していて、

 

IMG_8798.PNG


購入した書籍は電子書籍としても
読むことができますよ。

 

そして、

KindleやiBooksに入れたものも、

iPhoneの機能を使えば、
読み上げてもらうことができます。

オーディオブックのようにはいかず、
機械的な読み上げにはなりますが、
車の運転中には活躍しています。

 

それでは、設定方法です。

 

iPhoneの[設定][一般]

IMG_8792.PNG

 

[アクセシビリティ]

 

IMG_8791.PNG

[スピーチ]

 

IMG_8793.PNG

 

[画面の読み上げ]をONに!

 

IMG_8794.PNG

 

そして、

KindleやiBooksなどを開いて、

 

画面上部から下に向かって、
二本指でシュッとすると

読み上げ用のパネルが出てきます。

 

IMG_8795.PNG

とか

IMG_8796.PNG

とか。

 

亀とうさぎのボタンで
読み上げの速度を変えることができます。

 

二本指でシュッとすると
いきなり読み上げが始まることがあるので、
音が出ても良い場所で試してくださいね。

 

これはiPhoneの機能なので、
Evernoteやメールなども
画面に表示されているものは
たいてい読み上げることが可能です。

 

画面に表示されているもの
全てを読み上げてしまうので、
コピーライトとかも、
とっても良い発音で読み上げてくれちゃいます(笑)

 

 

それでは!
参考になればうれしいです。