メルマガを発行するなら心得ておくべき3つのこと


パソコンが苦手な起業家のための
集まる集客®テクニカルコーチ
田尻佐和子です。

 

メルマガを発行するには、

特定電子メール法

を心得ておく必要があります。

 

4bac54c61734cc419c7cbf1c8ce5d01f.png

 

ポイントは

1.勝手に登録してはいけません。

 

同意を得て配信しましょう。

2.発行責任者として、送信者の情報を載せましょう。

 

氏名(名称)、メールアドレス(どこのだれから送られたのかわかるもの)
問い合わせ先メールアドレス。
住所などはリンク先に書かれていればURLでも良いです。

3.配信解除ができるという表示と解除用URLを載せましょう。

 

よく、
「解除URLがないのですが、解除してください」

と問い合わせがあるというご相談があります。

 

エージェントメールの場合、

メールフレームを使用して配信している場合は、
解除URLとメールアドレスの変更URLは、
自動で入ります。

 

しかし、

 

HTMLメール(色付き画像付き)に、
対応していない機種には、
自動で判別してテキストメールが送られます。

 

その際、
メルマガなら、メールマガジンのフッター定型文に、
ステップメールならステップメールのフッター定型文に、
解除URLを入れておく必要があります。

 

そして、
それぞれ、投稿時に、

フッター定型文を使用する

にする必要があります。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-28-12-26-42

 

イヤな問い合わせがこないように、
きちんと設定しておきましょう。

 

記載サンプル

———- 

発行責任者 株式会社システムリング
田尻佐和子
info@system-ring.com

「脱アナログ!集まる集客WEB用語辞典」
http://web-yougo.com/

メールアドレス変更はこちら
置き換え文字の挿入から入れるURL

配信解除はこちら
置き換え文字の挿入から入れるURL

 ———-