配信解除URLの記載について

配信解除URLの記載について、

具体的な設定方法をお伝えします。

 

あまり積極的に載せたい内容じゃないので、
気がノラナイかもしれませんが、
きちんと記載することが信頼にもなりますので、
しっかり載せましょう。

解除URLは、
登録者ひとりひとりURLが違います。
ですので、記載するときは「置き換え文字」という機能を使います。

 

右サイドバーに、置き換え文字一覧が表示されていますか?

表示されていない場合は、

メルマガ(又はステップメール)編集画面の
HTMLメール用本文又は、
プレーンテキスト用本文の項目に、
「置き換え文字一覧を表示」ボタンがあるのでクリックします。

置き換え文字一覧から
「メルマガ解除URL」のコピーのボタンをクリックすると、
クリップボードにコピーされた状態になります。

メールマガジンの配信中止(解除)はこちら
などの案内表示の下に、コピーしてある置き換え文字を貼り付けます。
%DELETE%
(実際は%は半角です)

 

このように記載することで、
配信時にそれぞれのURLに置き換わるという仕組みです。

プレーンテキストの場合はこれでOKですが、

HTMLメールの場合は、
これだとクリックできる状態にはならず、
コピー&ペーストしてもらうことになります。

クリックできる状態にするには、

%DELETE%を選択した状態で、
リンク挿入のボタンをクリックします。

ハイパーリンク情報を、
リンクタイプ:URL
プロトコル:その他
URL:%DELETE%

としてOKをクリックします。

 

これでリンク付きで表示されます。

メールフレームを使用している場合は、
自動的にフッター部分に、解除URLと変更URLが表示されるので、
本文内には記載しなくても良いです。

 

解除URLの記載はいくつか方法があるので、
結果的に、配信されるメルマガに
解除URLが記載されればよいです。