[新連載]WEBでの申し込みフォームを公開するまでの道のり(ランディングページ)[4]

1日2時間操作方法で無駄にしていませんか?
パソコンが苦手な起業家のための
集まる集客®テクニカルコーチ田尻佐和子です。

 

連載中のこちら

「WEBからの申し込みフォームを公開するまでの道のり」

1日目:自動返信メール
http://web-yougo.com/agent-mail/2201/

2日目:サンクスページ
http://web-yougo.com/agent-mail/2204/

3日目:申し込みフォーム 

http://web-yougo.com/agent-mail/2208/

4日目:ランディングページ ←今日はここです

5日目:ブログへ埋め込み

6日目:申し込み開始(計測)

 

前回は、
申し込みフォームについてお伝えしました。

 

今日は
ランディングページについてです。

 

ランディングページとは、

Landing Pageで、
LP(エルピー)という場合もあります。


ランディング=着地する

 

という意味がありますので、
最初に訪れるページ。
入口となったページを指します。

 

通常は、

1つのページで完結していて、 
1つのページの中で
商品やサービスの説明、
お客様の声、
申込みフォーム
など、
必要なことを全て行う場合が多いです。


WordPressを持っている場合は、
ランディングページは、
WordPress側に
投稿ページか固定ページで
つくります。

 

例えばセミナーのランディングページなら、

そのセミナーに行きたくなるような、
まるで自分のためのセミナーだと
自分が行くべきセミナーだと
思っていただけるような

 

本当に言っても大丈夫かなぁという
お客様の不安を払拭する

告知文を書き、

申し込みフォームが表示されるように、

エージェントメールのタグ
埋め込みます。

 

WordPressがまだない場合は、
前回のエージェントメールのフォームの、

フォーム概要


スクリーンショット 2017-01-20 6.48.42.png

のところに、
文章を書くことで、

ランディングページとして
フォームをそのまま使うことができます。

 

 

次回は実際のブログへ埋め込み方をお伝えしますね。