[新連載]WEBでの申し込みフォームを公開するまでの道のり(申し込みフォーム)[3]

1日2時間操作方法で無駄にしていませんか?
パソコンが苦手な起業家のための
集まる集客®テクニカルコーチ田尻佐和子です。

 

連載中のこちら

「WEBからの申し込みフォームを公開するまでの道のり」

1日目:自動返信メール
http://web-yougo.com/agent-mail/2201/

2日目:サンクスページ
http://web-yougo.com/agent-mail/2204/

3日目:申し込みフォーム ←今日はここです

4日目:ランディングページ

5日目:ブログへ埋め込み

6日目:申し込み開始(計測)

 

前回は、
申し込んだ直後に表示される
サンクスページについてお伝えしました。

 

今日は
前回のサンクスページの実際の設定と
申し込みフォームについてです。

 

まず、
サンクスページは、
WordPressの固定ページなどで作成します。

そのURLを、
エージェントメールの、
フォームの
リダイレクトURLに設定します。

 

エージェントメールの
フォームの新規作成を開きます。

フォーム名
表に出るのでタイトルなど正式名を入れます。

フォーム概要
WordPressがある場合はここには何も入れなくてよいです。

OGP画像の選択
画像を設定します。

返信メール
(1日目に作成したものを選択します)

リダイレクトURL
(ここですね。作成した固定ページのURLを貼り付けます)

リダイレクト時間
ここは0秒を選択します。

登録ボタンの文字列
何も入れないと「登録する」になりますので、
「申し込む」など内容にあったボタン名にします。

 

そして、
入力項目です。
メールアドレスは必須なので
最初から使用するになっています。

1日目の返信メールに入れた項目と合わせると、

名前(姓)

名前(名)

携帯電話番号

自由設定項目1

自由設定項目2

を使用します。

自由設定項目の入れ方は以下を参考にしてください。

スクリーンショット 2017-01-19 5.41.39.png

 

項目数は、
できるだけ少なく、
必要最低限のものだけにしましょう。

 

一般的には
項目数が増えれば増えるほど、
申し込み率は下がるといわれています。

 

最後に保存します。

次回はランディングページです。