脱アナログ!集まる集客WEB用語辞典

Facebook

ニュースフィード

ログイン直後に表示されるページ。
PCで見た際は真ん中のメイン部分で、
自分や友達が投稿した近況や写真が表示される画面です。
ニュースフィードは、「ハイライト」と「最新情報」に表示を切り替えられます。
初期状態ではハイライト表示になっています。

「ハイライト」と「最新情報」

ニュースフィードは、 「ハイライト」と「最新情報」の2種類があります。
いつもみているのは「ハイライト」です。
ハイライト→Facebook独自のルールによって仲の良いお友達上位の投稿が並びます
最新情報→つながりのあるお友達の投稿が時系列に並びます

タイムライン

ニュースフィードなどから、
ユーザーの名前のリンクやプロフィール画像をクリックしたときに表示されるページ。
自分のタイムラインは自分のコミュニティですね。

グループ

同じ目的を持った複数のユーザーが参加できるコミュニティ。
誰でもグループを作成することができます。
設定は「公開」「非公開」「秘密」の3種類。
公開グループは検索して入りたいグループがあれば、参加することができます。
(設定により承認制になっていることもあります)
こちらから自分のグループ一覧が表示できます。

https://facebook.com/browsegroups/?category=membership

ウォール

ニュースフィードの上部にある、
「今どんな気持ち?」や「今なにしてる?」と書かれている、
近況をアップデートというところから投稿する場所のことです。

いいね!

いいね!は、主に、
・個人やFacebookページが投稿した記事や写真に
・Facebookページ自体に
・外部サイト自体、外部サイトの記事に 共感した!読んだ!
という時、 「いいね!」を押します。
外部サイトには、ソーシャルボタンという機能で「いいね!」ボタンを設置することができます。

コメント

投稿や写真にはコメントを残すことができます。
コメントには写真を入れることもできます。
コメントは後から編集することもできます。

シェア

投稿や写真を「共有したい」と思った時はシェアボタンの出番です。
自分のコメントを付けることもできるし、そのままでもできます。
シェアしたものは、自分のウォールに出るので、お友達のニュースフィードにも出ます。

エンゲージメント

ファンがいいね!、コメント、シェアしてくれる行動のこと。
エンゲージメント率は、Facebookページの場合の計算式は、「(いいね!数+コメント数+シェア数)÷投稿数÷ファン総数」とされていますが、個人でもこの計算式で一つの指標にはなりますね。

イベント

Facebook上のカレンダーに、
自分の何らかの活動を登録できて、
それを友達に知らせることができるものです。

https://www.facebook.com/events/calendar

にアクセスすると、
招待されているイベントがカレンダー形式で表示されます。

エッジランク

ニュースフィードのハイライトに表示される評価基準。
お友達との仲良し度という感じです。
「いいね!」より「コメント」
「コメント」より「シェア」
が高く評価されます。

仲良し度=いいね!<コメント<シェア

リーチ

リーチ数やリーチする、などと言われますが、自分の投稿が友達のニュースフィードに表示された数、表示されること、です。

タグ付け

Facebookでは投稿や写真投稿に、
「一緒に(写って)いるのは○○さんですよ〜」
と、関連付けすることをタグ付けと言います。
タグ付けは個人の設定で、出来ないようにしたり、条件を付けたりできるので、
全ての方が出来るわけではありません。
公開範囲の設定などが関連してきます。

テキストでのタグ付け

投稿内に友達の名前をリンク表示させることです。
@(アットマーク)を入れて文字を入れると候補リストが出てくるので、
そこから選択します。
テキスト文の途中で入れたい時、スペースを入れてから@を入れたり、一文字削除するとリストが出てきます。

フォロー・フォロワー

友達にならなくてもフォローすることで、気になる人の投稿をニュースフィードに表示することができます。

逆に、自身の投稿もフォローしてもらえるように「フォロワー設定を公開に」にしておくことをお勧めします。

親しい友達

たくさんの人とお友達になっても、
全員の投稿がニュースフィードに表示されるわけではありません。
Facebookが独自に決めたルールによって表示されるものが決められます。
でも「この人の投稿は見逃したくない!」という人は、
親しい友達に設定すると優先されます。
また、投稿があると通知されます。

Story Bumping

公開後一定時間経過した投稿も、いいね!やコメントを多く獲得している場合は時間が経ってからもニュースフィード上位に表示されること。
人気投稿は上位表示されるというアルゴリズム。

Last Actor

あなたが最近より多く、いいね!・コメント・シェアをしたユーザーの投稿が、ニュースフィード上位に優先的に表示されること。
カウントされるのは50のアクションです。

Poke

読み方はポケではなくてポークです。
時々「さんからPokeがありました」とお知らせが来たけど何??
という方がいらっしゃいますが、特に何もしなくても良いと思います。
(お知り合いなら返してあげましょう)
Pokeは突っつくというような意味ですが、
リアルなら、すれ違うときの「よっ!」という感じです。

Facebookページ

個人アカウントとは別に、
企業、ブランド、商品、サービス、店舗などのファンページを作成することができます。
個人アカウントとは違い、Facebookユーザー以外も閲覧可能です。
現在はFacebookページにいいね!をくれたユーザーのニュースフィードに表示されにくい状況なので、
投稿を見てもらうには個人アカウントからシェアしたり、広告を活用したり工夫が必要です。

Googleアナリティクス

新規ユーザーとリピーター

初めてサイトを訪問する人は、新規ユーザー(New Visitor)
2度以上サイトを訪問している人のことをリピーター(Returning Visitor)
と呼びます。
Google Analyticsサイトやアプリ内で完全に翻訳されていなかったりして、
日本語と英語の表現が混在しています。

セッション数

サイトを訪問したすべてのユーザーにより開始された個々のセッションの数を表します。
1セッションは30分です。

サイトを表示したけど何か別な作業をしていて30分以上経ってから操作すると、
セッション数は2 ユニークユーザー(UU)数は1 となります。

トラッキングコード

Google Analyticsでアクセス解析をするために、
各ページに埋め込んでおくコードのことです。
このコードを通して、サイトへの訪問者の情報を取得することができます。

トラッキングコードはGoogle Analyticsの管理画面にて取得できます。

SEO

インデックス

SEOの話でのインデックスとは、 Google検索エンジンのデータベースに登録されることを意味します。

被リンク

バックリンクともいいます。
AというサイトをBというサイトからリンクすること。
BというサイトからAというサイトをリンクすると、相互リンクとなります。

被リンク数が多いと検索エンジンからの評価が高いとされていましたが、
意味の無い被リンクは逆効果になることもあります。

サイトマップ(sitemap)

サイトマップは、そのサイトがどのようなページ構成になっているか
を表す全体ナビゲーションのことですが、
SEOの観点ではこれをGoogleに読み込ませるためにsitemapをXML形式で準備するものです。

Googleサジェスト

Google検索の補助機能。
検索窓にキーワードを入力すると、勝手に2つめのキーワード候補が表示されます。

この候補は人気度順と言われているので、
みんながどんなキーワードで検索しているかを知る手がかりにもなります。

スニペット

Googleのサイトを読んでいると良く登場する、スニペット。Google検索で検索結果が表示されている部分を指すことが多いです。単に要約のことを指す場合も。開発現場ではまた違ったことを指します。一つの単語も使う場面によって意味が違うこともありますね。
Googleサイトで出てきたら検索結果表示部分と覚えましょう。

ランディングページ(LP)

LP(Landing Page)ランディングページ
エルピーと言ったりします。

サイト訪問者が最初に訪れるページで、
着地するページという意味です。

1つのページで完結していて、
1ページの中で 商品の説明、お客様の声、申込みフォーム など、
必要なことを全て行う場合が多いです。

ファーストビュー

WEBページを開いた時に、最初に表示される表示領域のことです。

スクロールせずに最初に見える範囲のことですね。

ファーストビューが魅力的じゃなかったり、
期待と違うと判断されてしまうと、
せっかくサイトまで訪れてもらえたのに、
そのまま閉じられてしまいます。
もったいないです。

ファーストビュー内で心をつかめるように、
意識しておきましょう。

 

チェックポイントとしては、
ファーストビュー内に、
魅力的なことばが入っているか。
そのことばが強調されて見やすくなっているか。
魅力的な画像が表示されているか。
画像は全部じゃなくても、一部が見えていると、
もっと見たくなりますね。

WordPress

ダッシュボード

WordPressでは、ログイン直後に表示される画面で、さまざまな情報源からデータを集め、概要などがまとめて表示される画面のことです。ダッシュボードは表示する項目やレイアウトをカスタマイズできます。

カテゴリ

投稿記事をグループ化するための機能。
カテゴリは親子関係を持たせることができます。
そのカテゴリに属する一覧を表示することができるURLが与えられます。

タグ

カテゴリと似た位置づけでタグというものがあります。
タグは、記事の中のキーワードを割り当てる機能です。
タグは親子関係がなく、複数設定できます。
カテゴリと同じく、 そのタグに属する一覧を表示することができるURLが与えられます。

タグクラウド

WEBサイトのコンテンツなどにタグと呼ばれるキーワードを関連付け、
そのアクセス頻度から視覚的に分かりやすく表示すること。
アクセスが多い(注目度が高い)タグほど、大きなフォントなどで強調表示させたりする。

アイキャッチ

広告業界では、もともとは見る人の目に留まる、目を引く、目を奪うもので、
POPなどを指すようですが、
WEBでは、アイキャッチは画像を指します。
最初に目に入る画像です。
記事一覧などでも使われる画像になります。

WordPressでは投稿ごとにアイキャッチ画像を簡単に設定できます。

メディア

WordPressでは、画像、動画、音声データなどをメディアと呼びます。
メディアは、事前にアップロードすることも、
投稿画面からアップロードすることも可能です。

外観

WordPressの管理者画面(ダッシュボード)にあるメニュー。
外観。
サイトの見た目を管理するところです。
テーマの管理や編集、サイドバー、メニューバーの管理ができます。

アクセス解析

PV数(ページビュー数)

Webサイトのページが開かれた回数です。

PV数はユーザーや訪問回数に関係なく、Webサイト内のページが表示されたのべ回数です。

ページごとのPV数を把握することで、Webサイトがどれくらい利用されているかの指標にします。

UU数(ユニークユーザー数)

Webサイトのページに特定のユーザーがアクセスした回数です。
一人のユーザーが複数回アクセスしてもカウントは1から増えません。

UU数を把握することで、Webサイトがどれくらい認知されているか、人気があるかの指標にします。

コンバージョン

Webサイトを訪問したユーザーが、あらかじめ設定された行動をとったことを指します。

特定のURLを表示した。 一定時間滞在した。 イベント(ボタンをクリック)が発生した。などの行動です。

WEBで獲得した成果といえます。

リファラ・リファラ―

ユーザーがWebサイトを訪れる際に経由したWebサイトのこと。

直前にどのWebサイトを見ていたか、どこから来たかという「参照元」のことです。

クリック率(CTR)

CTR(Click Through Rate)は、表示された回数のうちクリックされた割合を表します。

「(クリック数/表示回数)×100」の式で計算されます。

直帰率

直帰率は、1 ページのみを閲覧してサイトを離脱したセッション(訪問)の割合です。

ユーザーは一瞬にして自分が求めていたページかそうでないかを判断しますよね。 判断してバツボタンで閉じるまでの時間を3秒ルールと言ったりします。

パソコン・IT全般

ドラッグ&ドロップ(drag and drop)

マウスを使った操作法の一つ。マウス操作によってデータやファイルの移動を行うこと。
「ひきずって、落とす」感じです。

アップロード/ダウンロード

アップロードとは、自分のパソコン(ローカル)にあるファイルを、
インターネット上のサーバーに転送すること。
その逆がダウンロード。
自分の端末に保存することがダウンロード。

ヘッダ (header)/フッター(footer)

文書やメール、サイトにはヘッダーフッターと呼ばれる領域があります。 ・ヘッダーはデータの先頭に付加される情報。 WEBサイトでは上部に配置された画像やサイト表示に不可欠な情報が見えない部分に書かれています。 メールでは送受信に不可欠な情報が書き込まれています。 ・フッターは、ページの最下部に設置された、定型的な情報を記すためのエリア。 WEBサイトではナビゲーションリンクや著作権表示などが記載されることが多い。 メールの場合は署名や定型文。メールマガジンの場合は、さらにお問い合わせ先や配信解除のURL情報が記載されます。

HTML(エイチティーエムエル)

HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ)
WEB上の文書を記述するためのマークアップ言語。
色を付けたり文字の大きさを変えたり、を決められたタグで記述するもの。

CSS(Cascading Style Sheets)

カスケーディングスタイルシート
Webページのレイアウトを定義する規格。
CSSは、フォントや文字の色や大きさ、文字飾り、行間などの見栄えに関する情報を指定します。
CSSを利用することによって、コンテンツと、装飾やレイアウトに関する要素を別々に扱うことが可能です。

ドメイン(domain)

インターネット上の住所のようなもので、どのドメインも世界に一つしか存在しません。

メールアドレスでは、 ●●●@system-ring.comの@の後ろの「system-ring.com」の部分がドメインにあたります。

フリーメール・フリーメールアドレス

無料で取得できるメールアドレスのこと。

Gmail http://mail.google.com/mail/help/intl/ja/about.html
Yahoo!メール http://promo.mail.yahoo.co.jp/
Microsoft http://www.microsoft.com/ja-jp/outlook-com/
エキサイトメール http://www.excite.co.jp/mail/

などがあります。

メールソフト

電子メールをパソコンで送受信するときに利用するソフト。 メーラーとも呼ばれる。

Windows の標準でインストールされていた Outlook Express

フリーソフト Thunderbird

有料ソフト Becky! Internet Mail

などがあります。

ファイル容量の単位

8bit(ビット)=1B(バイト)
1024B=1KB(キロバイト)
1024KB=1MB(メガバイト)
1024MB=1GB(ギガバイト)
1024GB=1TB(テラバイト)

PDF(Portable Document Format)

Adobe Systems社によって開発された、電子文書のためのフォーマット。
.pdfで作成されたファイルは、Adobe Readerで表示することができる。
.pdfファイルはAdobe Acrobatを使用して作成できる他、変換ソフトなどで変換することができる。

プラグイン (plug-in)

ソフトウェアに機能を追加、拡張する小さなプログラムのこと。

通常プラグインは単体では動作せず、本体のソフトウェアに追加しなければ機能しないものが多い。

データベース(database)

データ管理方式の一つ。
1件のデータを複数の項目(フィールド)の集合として表現し、
データの集合をテーブルと呼ばれる表で表す方式。
ID番号や名前などのキーとなるデータを利用して、
データの結合や抽出を容易に行うことができる。
データベースの操作にはSQLと呼ばれる言語を使うのが一般的。

オープンソースで使えるものでは、MySQLやPostgreSQLなどがある。

バックアップ (backup)

何らかの障害に備え、環境やシステムを再現できることを前提に、データやプログラムのコピーを保管すること。

障害が起きる直前まで再現を可能にする方法と、特定の日時までの再現を行う方法があります。

リストア (restore)

バックアップしたデータから、もとの状態に復旧すること。

当然バックアップしてないとリストアできません。

キャプチャ

画面に表示されているものを画像として保存すること。
単にキャプチャと言えば画像キャプチャを指すことがほとんど。
Windowsユーザーは、プリントスクリーン
Macユーザーは、スクリーンショット
などの機能で取り込んだり、専用ソフトを使用したりします。

favicon(ファビコン)

ウェブサイトのイメージ画像としてシンボルマークのように使用されるアイコン。
favicon.icoというファイル名で16×16ピクセルの画像で作成されます。

レジュメ(resume)

概要、要約。要点をまとめたもの。 アジェンダの中身の説明。

デフォルト

初期値、初期状態のこと。

バグ

バグとは、
ソフトウェアやシステムの不具合(エラー)のことです。

通常ソフトウェアやシステムが世の中に出る(リリース)ころには、
何度も試験を繰り返し、
多くのバグをつぶした状態となりますが、
それでもバグは見えないところに潜んでいたりします。

単体では正常に動作していても、
何か他のものと組み合さった時に、
予期しない動きになってしまうことがあるからです。

バグがあるのは普通のことで、
リリース後も、バグが見つかれば改修し
バージョンアップを繰り返します。

ですので、OSやアプリ、WordPress、プラグインなど、
自分自身で更新する種類のものは、

新しいバージョンがリリースされても、
しばらくは様子を見て、

落ち着いてきたころに、適用する方が安全ですね。

アジェンダ(agenda)

外資系IT企業から広がったと言われていますが、セミナーや会議などの、議題や時間配分をアジェンダと言います。

もともとの意味は予定表や行動計画などで、分野によっては意味するものが違う場合もあるようです。

メール

メールマガジン・メルマガ(mail magazine)

電子メールを利用して発行される雑誌。
発行者が購読者に定期的にメールで情報を届ける仕組のこと。

テキスト形式メール・HTML形式メール

テキスト形式メール
白黒で文字だけで作成されているメール。
通常使用している一般的なメール。

HTML形式メール
色を付けたり、文字の大きさを変えたり、画像を入れたりできるメール。

ステップメール (StepMail)

あらかじめ用意された内容のメールをスケジュールに従って送信・配信する。 登録者が登録した時から配信が開始されます。 人によって何番目を読んでいるかが違います。 最初にすべてのメールを用意しておけば、完全に自動化することが可能です。

手法・技法

EFO(Entry Form Optimization)

イーエフオーと言います。
メルマガや申込みフォームの入力項目の最適化という意味で、
顧客獲得動線の改善となります。

項目数は最低限必要なものだけにします。

SEO (Search Engine Optimization)

検索エンジン最適化のこと。

サーチエンジン(皆さんが検索する時に使うGoogleやYahoo! の検索ページ)の
検索結果ページの表示順の上位に自らのWebサイトが表示されるように工夫すること。
また、そのための技術やサービス。
Webサイト構築などを手がける事業者の中には、
SEOをメニューに用意しているところもある。

サーチエンジンは登録されているWebページをキーワードに応じて表示するが、
その際の表示順位はそれぞれのサーチエンジンが独自の方式に則って決定している。

この順位が上にある方が検索エンジン利用者の目につきやすく、
訪問者も増えるため、企業などでは検索順位を上げるために様々な試みを行う場合がある。
その様々な技術や手法を総称してSEOという。

LPO (Landing Page Optimization)

エルピーオーと言います。
ランディングページ最適化という意味で、
ランディングページでのコンバージョンを上げるために
改善をすることです。

ランディングページ(LP)は、サイト訪問者が最初に訪れるページで、着地するページという意味です。

キュレーション(curation)

インターネット上にある様々な情報を、
収集しまとめること。
まとめることによって、新たな価値を生み出すこと。

キュレーションサイトでは、
情報をデザインする。キュレーションプラットフォーム

「NAVERまとめ」が代表的ですね。
http://matome.naver.jp/

また、情報過多の時代、誰がまとめたのかということも、
重要な要素となります。

ファシリテーター(facilitator)

会議や打ち合わせなどで、司会進行をおこなう人。

コミュニケーションを促進させる役割を担っています。

ブレイクスルー(break through)

突破する、進歩という意味から、

ビジネスにおいての成長過程で、障壁となっていた事を打破し、大きく一歩前進すること。

現状を打破し別次元へ行くこと


ブレイクスルー思考

目の前にある障壁(問題や障害物)
に落胆することなく、
障壁自体に価値を見出し、
すべて「順調な試練」として受け止める。

その壁を自分の中に吸収しながら
成長をはかり一見閉じられているかのように
見える状況を楽々と突破していくような発想法。


プラス思考、マイナス思考、ブレイクスルー思考

と3つめの思考といわれています。

 

レスポンシブウェブデザイン(Responsive Web Design)

レスポンシブデザイン,レスポンシブウェブデザイン

Webデザインの手法の一つで、
表示される機器(PCなのかタブレットなのかスマホなのかなど)の
種類やサイズに応じて
最適な状態で表示されるよう、
単一のファイルで実現する手法です。

Googleも推奨している手法です。
(http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2015/02/finding-more-mobile-friendly-search.html)

 

観れば一瞬でわかります。

レスポンシブ


PCのブラウザで表示したサイトを、
画面の大きさを変えてみましょう。

この動画のように、大きさによって、レイアウトが変化し、
その大きさで最適な状態に表示されるものを
レスポンシブデザインといいます。

 

パンくずリスト(breadcrumbs list)

パンくずリスト、ブレッドクラムリスト

通常画面の上部に表示されていることが多いです。

サイト内で、今いる場所を視覚的に表したリンク。
ナビゲーションバーです。

パンくずリスト

 

名前の由来は「ヘンゼルとグレーテル」が
来た道にパンくずを落としていたことからこう呼ばれています。

パンくずリストは、
検索エンジンのクローラーがサイト内を巡回しやすくなるため、
SEO的にも良いと言われています。

WordPressであれば、テーマに組み込まれているものもあったり、
プラグインで設置できたりします。

Breadcrumb-navXT
が代表的なプラグインです。

PDCA

PDCAサイクルなどといい、物事を円滑に進めるための手法。
Plan:計画を立てる
Do:実行する、行動する
Check:評価する、分析する
Action:改善する

リスティング広告

PPC広告、検索連動型広告、キーワード連動広告などと呼ばれる、
広告を配信してアクセスを集める“集客方法”のことを指しています。
少額の費用で効率よく、サイトへ集客することができます。

GoogleやYahoo!で検索した時に、スポンサーリンクなどと書かれている枠のところです。

ユーザーが検索したキーワードに関連する広告を表示します。
表示されただけでは料金は発生せず、広告がクリックされることにより料金が発生します。

mashup(マッシュアップ)

既にあるデータや情報に独自の技術やコンテンツを複合させて新しいサービスを形作ること。
地図サービスなどが分かりやすい例です。

総称

アクセス解析

WEBサイトに訪問した人が、
「どこから訪れたのか」「サイト内での行動履歴」、
訪問者の端末環境(PCで?スマホで?ブラウザーは何?)などの把握と、
各ページの「ページビュー(PV)」や「ユニークユーザー数(UU)」などの数字の計測により、
より適したサイトデザインにする事や、サイトの改善の指標とする事ができる。

無料、有料さまざまなツールがあります。
最もメジャーなものは、 Google社が無料で提供する Google Analytics(グーグルアナリティクス)

Facebook(フェイスブック)

創始者マーク・ザッカーバーグが19歳のときに作りました。
Facebookは、2014年現在10億人を超えるユーザーを持ち、
世界で最も利用者の多いSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。
現在ではWEBマーケティングにおける重要なメディアの一つとなっています。
日本の利用者は2200万人。

YouTube(ユーチューブ)

YouTubeはアメリカで生まれた動画共有サービスですがSNSとしての位置付けになってきています。 日本での利用者は5000万人を超えており、実はFacebookの2倍以上のユーザーがいます。

SNS (Social Networking Service)

ソーシャルネットワーキングサービス

人と人とのつながりを促進・サポートする、コミュニティ型のWebサイト。
友人・知人間のコミュニケーションを円滑にする手段や場を提供したり、
趣味や嗜好、居住地域、出身校、あるいは「友人の友人」といったつながりを通じて
新たな人間関係を構築する場を提供する、会員制のサービスのこと。

CMS (Contents Management System)

CMS (Contents Management System)
コンテンツマネジメントシステム。
HTMLやCSSがわからなくても、視覚的に操作するだけで、Webサイトを構築できる仕組み。
WordPressもCMSの一つといえます。

GoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)

Googleが提供する、無料で使える高機能なアクセス解析ツール。
Googleアカウントを取得すれば誰でも利用することができます。

Googleウェブマスターツール

Googleが提供する、無料で使えるサイト管理ツールです。
Googleアカウントを取得すれば誰でも利用することができます。
サイトを作ったら、アナリティクスとウェブマスターツールに登録します。

Google+(グーグルプラス)

Googleのソーシャル・ネットワーキング・サービスです。 コミュニティやサークルなどで同じ趣味の人の集まりや、特定のグループで情報共有ができます。 企業むけにはGoogle+ページがあります。

Googleハングアウト

Google+のサービスの一つ。

ビデオハングアウトは、ビデオ通話を使ってお互いの顔 を見ながら 1:1 の会話はもちろん、同時に最大 10 人までの会話も楽しめるコミュニケーション ツールです。

モバイルのユーザーも同時に参加でき、ドキュメントや画像を共同編集したりできます。

外出先からもすべて無料で友だちや家族と連絡を取ることができます。

http://www.google.com/intl/ja/+/learnmore/hangouts/ Googleハングアウト紹介文より

WordPress(ワードプレス)

WordPress ※WとPが大文字です!

無料で利用できるオープンソースソフトウェアで、ブログを簡単に作成し、運営するためのしくみです。
世界にはWordPress愛好家が多数いるおかげで、多くのテンプレートやプラグインを利用することができます。

テンプレートやプラグインの組み合わせにより、ブログだけでなく、
コーポレートサイト(一般的な会社のホームページ)やショップサイトを作ることも可能です。

PHPで作られているので、PHP経験者であればカスタマイズも可能。
データの保存にはMySQLというデータベースが使われます。

WordPressは無料ですが、設置するためのサーバーを用意する必要があります。
ほとんどのレンタルサーバーでWordPressの設置をサポートしています。

Webブラウザ (web browser)

Webページ、Webサイトを閲覧するためのアプリケーションソフト。
単にブラウザと言った場合には、Webブラウザを意味する場合が多い。

フリーソフトとして提供されているものがほとんどで、
Internet Explorer (IE)
Google
Chrome
Firefox
Opera などがあります。

PayPal(ペイパル)

ペイパルは、世界中で利用されている決済サービスです。
ペイパルを売り手として利用するには、ビジネスアカウント登録、
または、プレミアムアカウントへのアップグレードが必要です。

普通のクレジットカード決済との違いは、
クレジットカード情報を売り手に知られることなく決済できるということがあげられます。

www.paypal.jp/‎

Skype(スカイプ)

マイクロソフト社が提供するインターネット電話サービス。 Skype同士なら通話料無料。

Skypeは、相手と離れているときに、一緒にいろいろなことを楽しめるようにするためのものです。 Skype公式HPより。

www.skype.com/ja/

Evernote(エバーノート)

アメリカのEvernote社が提供しているオンラインストレージサービス。

あらゆるものをweb上にメモするという感じでしょうか。 テキスト、写真、名刺、音声、サイトなどを保存できます。 PCだけでなくスマートフォンのアプリからもアクセスできます。


https://evernote.com/intl/jp/evernote/

Dropbox(ドロップボックス)

アメリカのDropbox社が提供しているオンラインストレージサービス。
雲の上のファイルサーバー。 2GBまで無料で使える。

雲の上のデータとローカルのデータの共有や同期が可能。
PCだけでなくスマートフォンのアプリからもアクセスできるので便利。
データを誰かと共有したい時にも招待して登録することで可能。


Kindle(キンドル)

Amazonが開発・販売する電子書籍リーダー端末、およびそのサービスの総称。

AmazonのWebサイト内にあるKindleストアから電子書籍を購入すると、Kindle端末やKindleアプリでダウンロードと閲覧が可能になる。

絶版となってしまった書籍もKindle版が出ていることもあります。

クラウドコンピューティング・クラウド (cloud computing)

ソフトウェアというと、昔は自分のパソコンにインストールして利用するものが多かったですが、
これを、インターネットを通じてサービスの形で必要に応じて利用することができるもの。

IT業界ではシステム構成図でネットワークの向こう側を雲(cloud:クラウド)のマークで表す慣習があることから、このように呼ばれる。

メール配信スタンド

メールマガジン配信サービス。
メールを一斉配信するシステムを提供する企業およびそのWEBサービス=配信代行業者のこと。

集まる集客では、メール配信スタンドはエージェントメールを使用します。

Agentmail(エージェントメール)

集まる集客で推奨しているメール配信スタンド。

エージェントメールは、スマホに特化したHTMLメールの配信が簡単にできます。

また、クリック率、開封率の測定や、Facebook、WordPress(ブログ)への連携などの機能があります。

フードポルノ

SNSで食べたものの写真をアップする人が続出して、
流れてくるフード写真を必要以上に観てしまうことが肥満につながると問題になっています。
集まる集客的思考で見ればSNS特にFacebookには何度も何度も露出することでお客様を行動させる力があると言えます。

Pocket